2013年09月12日

青空

君を想うとき、

僕の心はこの青空のように

翳りもなく澄みわたる。

君の笑顔はやさしい陽射しをくれる太陽のように

君の声は心地良くそよぐ風のように

僕の心に降りそそいで

そして、僕の想いは鳥のように青空の中を翔んでいく

いつまでも、永遠に…






posted by BIRD at 08:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

再会 プロローグ

僕のギターは62年のテレキャスターのコピーモデル。
カスタムテレキャスターと呼ばれてるもので、ボディーの材質はアルダーで、縁には白いバインディングが施されている。色はサンバースト、メイプルネックのローズ指板というモデルだ。
フロントピックアップはディマジオのPAFに変えてある。
何度かブリッジを交換しようと思ったけど、ブリッジにはシリアルNOが刻印されていて、この番号が俺の誕生日と同じだった。だから交換しなかったんだ。
このギターとは、かれこれ28年の付き合いになる。
「人生の半分以上か!いろいろなことがあったなあ」
ピックガードやボディーの傷にも思い出がある。
自然と顔がほころんでくる。
いろんなギターを手にしてきたけど、手元に残っているのはこのギターだけだ。
「もう、手放せないな。」
指板やボディーを磨いていくと汚れや埃でクロスが真っ黒になった。もう何年も押入れの中に放ったらかししてたからな。
「ごめんな。きれいにしたら、新しい弦を張るからさ。」
「弦を張るのも久し振りだなあ。どうやったっけ?」
自分でも可笑しくなる。音叉をポーンと叩く。この音も久し振りだなあ。チューニングしながら弦を馴染ませる。
「よし、大丈夫だ。ネックの反りも大丈夫そうだな。」
覚えているフレーズを弾いてみる。
「指が動かないし、上手く押さえられないな」
懐かしい感覚が甦ってくる。
「なあに、これ?」
いつの間にか優子が立っている。
「なにって、ギターさ」
「そんなことわかってる、どうしたの?」
笑いながら優子が聞いてきた。
「押入れの中から出してきたんだ。」
「ギターなんか持ってたんだ。」
「弾いてみて。」
僕は古いブルースのフレーズを弾いた。
「うーん、よくわからないけどあまり上手じゃないみたい。」
笑いながら優子は言った。
「何年も弾いてなかったからね。」
負け惜しみに聞こえるかもしれないけど本当のことだから。僕はこのギターのことを話した。
「大切なギターなのね。」
「私とギターとどっちが大事?」
優子はいたずらっぽい目で聞いてきた。
「もちろん…」
僕は言いかけて吹き出した。
「どうしたの?」ふくれっ面だ。
「ごめんごめん、思い出し笑い」
「真一って、幼稚園からの親友で...バンド一緒にやってたんだけど...」
僕は話しはじめた。

「智史さあ、前野って覚えてる?」
「ええっ、誰?」
「クリスマスコンサートで「スターダスト」ってバンドがあったじゃん」
「そこのベースやってた奴」
「うん、覚えてるよ」
「あいつ、ミュージックマンのベース持ってるじゃん。」
「ああ。」
「あいつ、命の次に大事なのは楽器なんだってさ。」
「ええ?」
「もう、可笑しくってさあ。命の次に大事なのは?」
僕と真一は同時に
「彼女だよな〜」
二人で目を合わせて大笑いだった。

あれから30年か。
今ごろみんなどうしてるだろう?





posted by BIRD at 11:45| 埼玉 ☔| Comment(1) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

ありがとう



僕が欲しいと思うものは全部彼女が出してくれていたんだ。

朝、起きると味噌汁の香りが家の中にただよっている。

「トントントン」と包丁の音もリズミカルに心地よく響いてる。

どんなに忙しい朝でも仕事の準備は完璧にしてくれる。

おなかが空けば美味しい料理を作ってくれる。

僕が疲れているときは、「マッサージしてあげよっか?」って人懐っこい顔でよってくる。

僕がつたない手つきでつくったご飯だって「美味しい!」って目を丸くして喜んでくれる。

仕事がうまくいかなくて落ち込んでいると「大丈夫よ、あなたなら出来るから」
って優しく励ましてくれる。

眠くてうとうとしたときには、「風邪ひくわよ」ってコーヒーを淹れてくれる。

まだまだたくさんあるよ。

僕はそれが当たり前だと思ってたんだ。それが日常だと思ってた。

でもそれは間違ってたんだ。やっと気が付いた。

「いつも本当にありがとう」

「こんなことも言えなくて本当にごめんね。」

「これからも一緒に歩いていってくれるかな」

彼女の目から大粒の涙がこぼれてきた。結婚してから初めて見せた涙だ。

「何いってるの、あなたちょっとおかしいわよ」

ちょっとうつむいてから首に抱きついてきて

「ありがとう...うれしい」



ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 幸せ家族へ
posted by BIRD at 19:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。