2013年08月02日

故郷〜子供のころの思い出

こんにちは。

私は子供のころに近所のお宅へ預けられていました。母が薬局を営んでいたので幼い兄と私を面倒見ることが出来なかった為、私は預けられました。そこにはちょっと厳しいおじいちゃんと優しいおばあちゃんがいました。
おじいちゃんには叱られてばかりいました。好きなテレビも見せてくれませんでした。でも私はおじいちゃんが大好きでした。口癖は「男は度胸、女は愛嬌」でした。今でもことあるごとにこの言葉が頭に浮かびます。
一度だけおじいちゃんと2人でおじいちゃんのごつい自転車で遊びにいったことがあります。川のすぐ横の砂浜でした。辺り一面浜昼顔が咲いていました。そしてどんぼが無数に飛んでいました。二人で網を手にとんぼを追いかけました。記憶もおぼろげなのですがとても嬉しかったのはよく覚えています。

おばあちゃんは優しかったのですが、私が年上の子に泣かされて帰ってくると「誰にやられた?やり返して来い」と言うような人でした。「大きくなったらおこずかいをあげるからね」と約束したのですが、あまり守れませんでした。アルバイトした給料から渡したこともありましたが、お寿司をとったり、お刺身を買ったりしてくれて結局それ以上に散財させてしまいました。

子供の頃私は家が嫌いでした。おばあちゃんの家に父が迎えにきても隠れて出てこなかったようです。
原因は親の夫婦喧嘩です。父は遊んでばかりで昼過ぎまで寝ていて帰りは夜中でした。
帰ってきた後は夫婦喧嘩でした。そして母が家を飛び出していってしまいます。
母は兄と私を連れて防波堤から身を投げようとしたこともあります。近所の方が通りかかって止めたらしいです。幼稚園のころ家に帰りたくなくて近所の芝生の上で一晩過ごせないか考えたりしていました。
幼い頃の私にとっておばあちゃんの家は天国でした。

幼い私とおばあちゃんです。
IMG_0001.jpg
うちの薬局の中です。おばあちゃんの写真は今ではこれしかありません。

崖観音です。船形山の中腹にあります。
崖観音.jpg
ここはおばあちゃんの家のお墓がありました。おじいちゃんの葬儀もここで行われました。
おばあちゃんとお墓参りにきて、一人でお堂まで行ったのですが、お墓に戻れなくなり墓地の真ん中で泣いた思い出があります。
高校生のときには彼女と一緒にきて景色を眺めながらずっと話をしていました。

那古観音です。那古山にあります。
那古観音.jpg
今思うと立派なお寺でした。
小さいころは閻魔堂の閻魔様と地獄絵図が怖かったのを覚えています。
従兄弟のお兄ちゃんと二人で遊びにきてお肉屋さんでイカフライを買ってもらい、ここで食べようとした時にスコールのような雨が降ってきて二人で本堂の縁の下で食べました。今でもイカフライは大好物です。雨と埃のまじったようなこの季節特有の匂いを嗅ぐとイカフライが食べたくなります。

私の生まれ育った町の駅です。小さな無人駅です。
船形駅.jpg
この駅の向こうに子供のころに駆け回った山がありました。しかし今は大きなバイパスが通り山は跡形も無くなってしまいました。駅前何もありません。
この駅実はAKB48の「会いたかった」のPVに出てくる駅です。
さらに「会いたかった」で出てくる灯台です。
洲崎灯台.jpg
洲崎灯台といいます。ちなみに故郷の海で紹介した沖ノ島の近くでも撮影されてましたね。
里見城です。桜の季節にライトアップされた姿も格別ですよ。
館山城.jpg
ここは遠足でもよく来ました。当時は城はありませんでした。
里見氏の居城があった山の展望台があったところに天守閣が建てられました。
くじゃく園があったりつつじをはじめとした花の名所です。さくらも綺麗です。お城の中は博物館になっていて里見八犬伝の資料を見ることができます。

3回に渡って自己紹介も兼ねて私の故郷を紹介させていただきました。決していい思い出ばかりではありませんが、楽しく、かけがえのない思い出がたくさんあります。田舎に帰る度に新しい道路が出来て便利になっていますが、懐かしい風景も無くなっています。時代の流れなんでしょうが、寂しい限りです。私は千葉県の館山市というところの出身です。紹介させていただいた、お寺、神社はいずれ私のブログ”八百万の神々を訪ねて”で改めて紹介させていただきます。
故郷があることも「幸せ」なんですよね。

posted by BIRD at 13:41| 埼玉 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。