2013年07月30日

故郷の祭り

こんばんは。

皆さんの故郷にも、今お住まいの地域にもお祭りはありますよね。
お祭りに参加したり、屋台でお好み焼きやりんご飴を食べたり、金魚すくいをやったりした
楽しい思い出があると思います。
先日、私も近所の神社のお祭りに家族で行ってきました。子供たちは楽しそうに食べたり遊んだり
していました。子供が楽しそうにしている姿は微笑ましいですね。
P1040202.JPG

私は子供の頃からお祭りが好きでした。私の住んでいた地区には山車があり物心ついたときから山車を引いたり、太鼓を叩いたりしていました。当日は子供から大人まで町中祭り一色でした。
故郷のお祭りは1000年以上の歴史があり、県の無形文化財に指定されています。
2日目の5台の山車、お船の鶴谷八幡宮への入祭あたりからお祭りはクライマックスです。そして山車、お船の還御に続き10基の神輿の還御、八幡宮の神輿のお浜出、5台の山車、お船の駅への再集結と続いていきます。

八幡神社の境内に集結した山車、お船
dasikeidai-300x200.jpg    
駅に再集結する山車、お船の競演
駅.jpg

お神輿の迫力のモミ(左右に激しく振る)サシ(高く持ち上げる)
安房神社、洲宮神社.jpg    yamamiya.jpg

お浜出に向かう八幡神社のお神輿
八幡神社.jpg

お祭りの翌日は声が枯れて出ません。そして1年間次の年のお祭りを待ちわびていました。
本当に楽しい思い出です。
posted by BIRD at 23:26| 埼玉 ☔| Comment(1) | 楽しい思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

故郷の海

こんにちは。

このブログでは日常の何気ない風景や出来事などを綴っていきます。

皆さんは普段『幸せ』ってどのようなときに感じていますか?
日常のいろいろなところに『幸せ』っていませんか?忙しくて気がつかなかったり、見過ごしていたり。
そんな『幸せ探し』をしてみませんか?『幸せ』を感じることが多ければ多いほど人生は楽しくなります。

第一回目は『故郷』です。
皆さんは『故郷』というと何を思い浮かべますか?
子供の頃に駆け回った野山や川、海ですか?それとも幼馴染や親友、両親、おじいちゃん、おばあちゃん?
私はいろいろなことが頭の中に次々と浮かんできます。
あの頃は故郷の良さがわかりませんでした。退屈、不便な町としか思ってなく、早くここを出たいと思ってましたね。
でも他の土地で暮らしてみると、『故郷』の素晴らしさが良くわかります。
今でも何かあると故郷の海を見たくなります。
そんな『故郷』を紹介したいと思います。

まず最初に『海』を紹介します。

ここは沖ノ島というところです。
沖ノ島.jpg
この島は関東大震災に土地が隆起して地続きになりました。島までは砂浜になっています。島では海水浴や磯遊びが出来ます。
海の中に潜ってみるとこんな感じです。
海の中.jpg
泳いでいるとかわいい魚たちがすぐ横を泳いでいき、ちょっとしたダイビング気分を味わえます。

夕暮れの海
夕景.jpg
夕日は水平線に沈んでいきます。
穏やかな海面に陽の光がキラキラと美しく反射するので、『鏡が浦』と呼ばれてます。
天気の良い日には水平線の向こうに富士山が見えます。
8月にはこの海岸で花火大会が行われます。
hanabi.jpghanabi2.jpg
花火は桟橋や船の上から打ち上げられ、それが海に反射してとても綺麗ですよ。その間海岸通りは歩行者天国になります。
海岸通りから少し入ったところに木造の洋館のホテルがありました。
館山海岸ホテル.jpg
もう現在はなく当時も営業はしていなかったと思います。
写真集などのロケに使用され、業界では通称『お化け屋敷』で有名だったようです。
あの頃はそこにその風景がある『幸せ』には全く気がつきませんでした。
今では私にとってかけがえのない風景です。
posted by BIRD at 15:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。